ゲーム業界タブロイド
ゲーム業界についての様々な情報を掲載しています
03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

斬新ゲーム辞典 part.1 「鉄騎」
ゲーム業界におけるユニークなゲームを紹介する企画、斬新ゲーム辞典。
(コンセプトはpart.0を参照下さい)
第一回は「鉄騎」(てっき)です。

鉄騎は、2002年9月12日にカプコンが発売したXbox用ソフト。
VTと呼ばれる二足歩行ロボットを操縦し、数々のミッションをクリアしていく操縦シミュレーションゲームです。

本作最大の特徴は、ソフトに付属する専用コントローラです(通常のXboxコントローラでは遊べません)。
コントローラは卓上部とペダル部の2つのパーツで構成されており、特に卓上部は縦約25cm・横1m弱とビッグサイズです。
約40個のボタンに加え、各種レバーやスイッチなど、数多くの入力装置が備わっています。
操作体系は極めて複雑で、コクピットハッチを閉じる専用のスイッチや、
カメラを洗浄するためだけのボタンなど細かく分けられており、慣れるまでにはかなりの時間が必要です。
ちなみに、敵に撃墜された場合はすぐに脱出ボタンを押さないとセーブデータが消えるというリアルな仕様になっています。

このように、鉄騎はロボットを操縦するという点にとにかく拘って作られた作品なのです。
しかし、専用コントローラが付属しているため価格が19800円と高額だった点や、
Xboxという普及していないハードで発売された(PS2では性能不足で発売出来なかった)ことが影響し、
販売本数(台数)は約15000台に止まっています。
とはいえ、その良い意味でのバカバカしさが評判となり、一部熱狂的なマニアが存在していることも事実です。

なお、2012年には続編となる「重鉄騎」がXbox360用タイトルとして発売されましたが、
こちらは専用コントローラではなく、Kinectを利用した操作になっています。
それが原因なのか、重鉄騎はあまり話題になることなく終わりました。
やはり、実物の巨大コントローラを操作することが、鉄騎の醍醐味と言えるでしょう。

鉄騎は大きなヒットには至りませんでしたが、
専用コントローラでロボットを操作するというゲームの需要は少なくないように思います。
もし、今後鉄騎のようなゲームを開発するならば、
例えばPSVRに対応することで、戦場の雰囲気を極めてリアルに感じられるようになります。
また、モチーフをガンダムにすれば、より多くのユーザーの興味を引けるはずです。

斬新なゲームを取り上げる企画で、ガンダムをモチーフにすべきというのは本来の趣旨に反している気もしますが、
この場合はガンダムにすることが一番のポイントでしょう。
ゲームセンターで戦場の絆がヒットしたように、
モビルスーツをリアルに操作したいというガンダムファンは絶対に多いです。

何にせよ、ゲームとしての魅力があれば、バカ高い専用コントローラでも売れる可能性はあると思います。
近年はスマホゲームが無料で遊べるだけに、家庭用ゲームも出来る限り安い価格で提供することが重視されていますが、
鉄騎のように、徹底的に拘り抜いて開発した作品を高額で販売するというのも、一つの方法ではないでしょうか。

スポンサーサイト


プロフィール

HDR

Author:HDR
筆者のwebサイトはコチラ
ゲーム業界.com
クイズコーナーも開設しています

FC2カウンター

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

にほんブログ村

にほんブログ村 ゲームブログ ゲームの世界観へ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR