ゲーム業界タブロイド
ゲーム業界についての様々な情報を掲載しています
02 | 2017/03 | 03
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

仕事を読み解くキーワード25・26
任天堂は、公式HP内の「仕事を読み解くキーワード」のページを更新しました。
https://www.nintendo.co.jp/jobs/keyword/index.html#keytab02page

仕事を読み解くキーワードは、任天堂の社員が日々どのように仕事に取り組んでいるのかを語る企画です。
これまで1~24が公開されていましたが、今回新たに25(ファイアーエムブレムヒーローズ)と、
26(スーパーマリオラン)が加わりました。
どちらも任天堂のスマホ向け作品として話題となったタイトルです。

記事内では、ゲーム開発で注力した点や工夫について語られていますが、正直少々物足りない印象を受けます。
例えばファイアーエムブレムヒーローズは、
スマホで気軽に楽しめるように、1ステージを5~10分程度と短くしたとのことです。
この方針自体は良いと思いますが、ヒーローズ最大の特徴は任天堂初のガチャ課金システムを取り入れたことであって、
そこに一切触れていないのが、どうにもモヤッとします。

またスーパーマリオランでは、社外に持ち出してロケテストを行ったことで、
オフィスでのテストプレイでは気付けなかった問題を多く発見出来た、ということですが、
その具体的な問題点が記されていないので、何がどう改良されたのかわからないです。

おそらく、仕事を読み解くキーワードには文字数制限があって、長々と説明する余裕がないという事情があるのでしょう。
実際、過去の1~24を改めて確認しましたが、文章量はどれも概ね同じでした。
とはいえ、あまり短いと深い部分にまで触れられないので、結果的に表面的な解説で終わっているのが残念なところです。
まあ、この企画はあくまでも社員の活動を発表することが目的であって、
ゲームの開発秘話を期待するのは筋違いなのかもしれませんが…。

以前の任天堂は、社長の岩田聡氏が開発者へのインタビューを行う「社長が訊く」という名物企画を実施していました。
社長が訊くは、クリエイターの開発でのこだわりや裏話などが知れて、非常に興味深い内容になっていました。
しかし、2015年に岩田氏が亡くなって以降、社長が訊くは休止状態です
改めて任天堂には、社長が訊くに代わる、クリエイターの想いを語る場を作って欲しいと感じました。

スポンサーサイト


プロフィール

HDR

Author:HDR
筆者のwebサイトはコチラ
ゲーム業界.com
クイズコーナーも開設しています

FC2カウンター

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

にほんブログ村

にほんブログ村 ゲームブログ ゲームの世界観へ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR