ゲーム業界タブロイド
ゲーム業界についての様々な情報を掲載しています
02 | 2017/03 | 03
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブランドを維持する重要性
バンダイナムコが2015年4月から実施している、カタログIPオープン化プロジェクト。
その手応えについて、4gamerがプロジェクトを統括する桝井大輔氏にインタビューをしています。
http://www.4gamer.net/games/374/G037428/20170314024/

カタログIPオープン化プロジェクトとは、パックマンやゼビウスといったバンダイナムコのIP(知的財産)を、
別会社やクリエイターに貸し出し、スマホアプリなどに自由に利用してもらうという制度です。

バンダイナムコがこの試みをスタートしたのは、パックマンのような人気や知名度が高い作品でも、
いつかは忘れられてしまうのではないか、という危機感を持っていたのが理由のようです。
しかし、バンダイナムコのような巨大企業が、今更パックマンの新作を開発するのは現実的ではないです。
そういった意味では、小規模な会社や個人にIPを貸し出すというのは、ブランドを維持する有効な方法と言えそうです。

余談ですが、本日公開された仮面ライダーとスーパー戦隊の映画、超スーパーヒーロー大戦には、
ゼビウスやギャラクシアンといったナムコの歴代作品が敵キャラクターとして登場しています。
(現在放送中の仮面ライダーエグゼイドは、テレビゲームをモチーフとした作品です)
こうした展開も、今の子供達に昔のゲームを知ってもらおうという狙いがあるのだと思います。

このように、自社のブランドを広める戦略は重要ですが、
かといって、過去の人気作に固執して、新たなタイトルの開発をおざなりにするのは問題です。
ゲームメーカーには、旧作と新作をバランス良く扱うことが求められるでしょう。

スポンサーサイト


プロフィール

Author:HDR
筆者のwebサイトはコチラ
ゲーム業界.com
クイズコーナーも開設しています

FC2カウンター

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

にほんブログ村

にほんブログ村 ゲームブログ ゲームの世界観へ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR