ゲーム業界タブロイド
ゲーム業界についての様々な情報を掲載しています
12 | 2017/01 | 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファイナルファンタジー7 20周年
本日2017年1月31日は、ファイナルファンタジー7(以下FF7)が発売されて丁度20周年となります。
FF7の発売は、30年以上続く家庭用ゲーム業界の歴史の中でも、特に大きな出来事の一つだったと言えるでしょう。

それまでのゲーム業界では、ファミコン・スーパーファミコンと常に任天堂ハードが市場をリードする存在でしたが、
FF7がプレイステーション(以下PS)で発売されたことで、流れは一変しました。
FF7は、大容量のムービーや圧倒的なグラフィックなどが特徴であり、
そのクオリティは当時のゲーム業界では群を抜いていました。
実際、FF7はシリーズ初となる、300万本を超える大ヒットを記録しています(世界累計では約1000万本)。
FF7の成功を受け、多くのサードパーティーが注力したことで、PSは一躍トップハードへ上り詰めたのです。

FFシリーズは、元々任天堂ハードで発売されていたタイトルであり、
当初は7もニンテンドウ64(以下64)での発売が検討されていました。
ですが、64はROMカセットの採用を決めていたので、
ムービーを多用するFF7としては容量が不充分という問題がありました。
また、64の発売が延期になったことや、PSと比べて開発が難しいハードだったことなども関係しているようです。
結果として、FF7を逃した任天堂は、初めてトップハードの座から陥落することになったのです。
もし、FF7が64で発売されていれば、ゲーム業界の情勢は今と全く変わっていたかもしれません。

そんな圧倒的な人気を誇っていたFFシリーズですが、近年ではそのブランド力にも陰りが見え始めています。
中でも、2016年末に発売されたFF15は、累計100万本に届くかどうかという酷い有様です。
かつては任天堂をも倒したFFが、今ではこんなにも落ちぶれてしまっているのは、あまりにも不憫です。
はたして、今後FFが7の頃の人気を取り戻す日は来るのでしょうか?

スポンサーサイト


プロフィール

HDR

Author:HDR
筆者のwebサイトはコチラ
ゲーム業界.com
クイズコーナーも開設しています

FC2カウンター

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

にほんブログ村

にほんブログ村 ゲームブログ ゲームの世界観へ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。