ゲーム業界タブロイド
ゲーム業界についての様々な情報を掲載しています
09 | 2016/10 | 11
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スイッチの可能性
先日、任天堂は新ハード"スイッチ"の発表を行いました。
スイッチ最大の特徴は、据え置き機・携帯機の両方の使い方が出来るという点です。
このハイブリッドな仕様には、大きな可能性があると思います。

ゲームソフトは、ハードの特性が売上げを左右する場合があります。
例えば、ファイナルファンタジーのような大作RPGは、据え置き機でガッツリと遊びたい人が多いです。
一方で、どうぶつの森やモンスターハンターなどは、みんなで持ち寄って遊べる携帯機向けのゲームです。
実際、携帯機版のどうぶつの森やモンスターハンターは400万~500万本ぐらい売れていますが、
据え置き機版は100万本がやっとという状況です。

故に、据え置き機・携帯機の両方に対応しているスイッチは、
どんなソフトでも最大限の魅力を発揮出来るメリットがあるのです。
(まあ、スイッチでファイナルファンタジーのナンバリング作が発売されることはなさそうですけど)

特に、ポケットモンスターが発売出来ることの意味は大きいです。
ポケットモンスターは、毎回数百万本を売上げる超人気作ですが、
どうぶつの森やモンスターハンターなどと同じく、友達と集まって楽しむことを重視した作品のため、
これまでシリーズ本編が据え置き機で発売されたことはありませんでした。
おそらく、スイッチはポケットモンスターを遊べる初の据え置きハードになるのではないでしょうか。

まだまだ詳細やソフトラインアップは不明なところが多いスイッチですが、
任天堂は来年1月13日にスイッチのプレゼンテーション、
そして14・15日には東京ビッグサイトで一般ユーザーを招いての体験会を行うことを発表しています。
https://www.nintendo.co.jp/switch/index.html

スイッチが、近年経営状態の芳しくない任天堂の業績を回復させることが出来るのか、
そして、低迷の続くコンシューマーゲーム市場復活に貢献していけるのか、来年3月の発売を楽しみにしています。

スポンサーサイト


プロフィール

Author:HDR
筆者のwebサイトはコチラ
ゲーム業界.com
クイズコーナーも開設しています

FC2カウンター

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

にほんブログ村

にほんブログ村 ゲームブログ ゲームの世界観へ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR