ゲーム業界タブロイド
ゲーム業界についての様々な情報を掲載しています
11 | 2015/12 | 01
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ゲーム業界ヒストリー 2015年 後編 (最終回)
ゲーム業界の歴史を振り返るこの企画。
第三十三回(後編)は2015年です。
そして、今回がゲーム業界ヒストリーの最後の更新となります。

2015年のゲーム業界における最大の出来事は、7月11日に任天堂の岩田社長が永眠されたことではないでしょうか。
突然の訃報に、筆者は一瞬頭が真っ白になりました。
以前、病気の治療で一時的に休養されていたことはありましたが、
その後は元気に復帰していたので安心していたのですが、まさかここまで症状が深刻だったとは思っていませんでした。

岩田社長の生前の功績はあまりに多すぎて一言では言い表せませんが、
一番の偉業は、ニンテンドーDSやWiiなどを発売して、ゲーム市場の拡大を実現したことでしょう。
2000年にSCEがPS2を発売した頃から、ゲームハードの進化に伴って内容の複雑化が進み、
普段あまりゲームで遊ばない人達は、中々手を出しにくい状況になっていました。
そうしたゲーム市場の縮小に危機感を覚えた岩田社長は、
DSやWiiにタッチパネルやリモコン型コントローラといった直感的に操作出来るデバイスを搭載することで、
誰でもゲームを楽しめる環境を作り、老若男女幅広い層をゲーム市場に取り込むことに成功したのです。

なお、岩田社長のこれまでの実績などについては、
当ブログの過去記事で記述していますので、興味のある方は是非ご覧ください。
関連リンク:岩田聡 その半生

しかし、そんな岩田社長も、近年のスマートフォンゲームの台頭には上手く対応出来ておらず、
任天堂は上場以来初の赤字経営が続いていました。
岩田社長は経営改善に尽力し、ようやく悪い流れも改善されてきたのですが、
そんな矢先に志半ばで亡くなられてしまったのは、ただただ残念でなりません。

残された任天堂の人達が奮起し、任天堂が再びゲーム市場を盛り上げる存在に返り咲くことを、
天国の岩田社長も願っているでしょう。

Fin

スポンサーサイト


プロフィール

HDR

Author:HDR
筆者のwebサイトはコチラ
ゲーム業界.com
クイズコーナーも開設しています

FC2カウンター

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

にほんブログ村

にほんブログ村 ゲームブログ ゲームの世界観へ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR