ゲーム業界タブロイド
ゲーム業界についての様々な情報を掲載しています
07 | 2012/08 | 09
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラゴンクエスト10に賭博罪が成立する可能性は高い (キリッ
現在、ドラゴンクエスト10についての(全く的外れな)批判記事が話題となっています。
以下、記事の内容を一部抜粋。

「ドラクエ10」揺るがす重大課題 基本機能を賭博に使うプレーヤー
ゲームジャーナリスト 新 清士

ゲーム内の仮想通貨がユーザー間でやり取りが行われる行為のみであれば、これ自体は
問題ない。しかし、今回は「ダイス」といった確率を利用した機能があり、それと「RMT」が
密接に結びつく可能性が出てきている。それは、刑法の定める賭博罪が成立する要件を
満たす危険な状態になっている。

例えば、ヤフーオークションでは、50万ゴールドに対して、8万5000円という価格が付けら
れて販売されているものがある。これほど大きな金額を短期間に動かすための一つの手段
として、ダイスを使ったギャンブルが使われているのではないかと疑われているのだ。もし、
それが事実であると証明できれば、賭博罪が成立する可能性は高い。それに関わっている
ユーザーも賭博罪が適用可能であり、同時に、さらにそうした環境を認めているスクエニに
対しても原理的には適用可能だ。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK2801Y_Y2A820C1000000/

(全文は会員にならないと見ることはできませんが、絶対に会員にならないことを推奨します)

あまりにも的外れな記事に目眩がしてしまいました。
よくこんなメチャクチャな記事を掲載するものです。
やはり日経新聞はすごいですね!

ドラゴンクエスト10についてよく知らないという方に説明しますが、
"ダイス"とは、その名の通りプレイヤーがサイコロを振る行動です。
その際、1~99(100だったかもしれません)までの数字がランダムに表示されます。
この機能自体は、金銭が関与するものではなく、ただの乱数を用いたお遊び要素にすぎません。
これと同様のシステムは、他の多くのMMORPGにも実装されており、
ドラゴンクエスト10特有のものではありません。

ドラゴンクエスト10では、プレイヤー間でゲーム内通貨(リアルマネーではありません)をやりとりする機能があり、
一部のプレイヤーの間では、このダイスを利用した賭けが行われています。
(例:お互いダイスを振って数字の大きい方がお金を貰える)
ただし、ダイスでのやりとりは大金を賭けようとするプレイヤーが少ないため、、
基本的に小額の賭けばかりであり、これでお金儲けをするのはあまりにも効率が悪すぎます。
(延々とスライムを倒してレベル上げするようなもの)

実際、ゲーム内で大金を手に入れているプレイヤーの多くは、職人による武器や防具の製作・販売であって、
ダイスでお金を稼いでいる人は限りなく0に近いでしょう。
故に、ダイスを使ったギャンブルで大金を得ているという主張は、あまりにも的外れです。

そもそも、"ダイスを使ったギャンブルが使われているのではないかと疑われているのだ"というのは初耳です。
一体、どういう根拠でこう思い至ったのか甚だ疑問です。
何の裏付けも取らずに憶測で記事を書いていることは、あまりにもバカすぎますね。

だいたいこの論調では、世の中のランダム要素のあるものは全て賭博罪が適用されることになってしまいます。
現実世界のサイコロ・トランプ・麻雀などもダメですね。
ジャンケンも賭けの対象になり得るからダメですよね。
何とメチャクチャな主張なのでしょうか。



そして、RMTとはリアルマネートレーディング(Real Money Trading)の略で、
オンラインゲームにおけるレアなアイテムやゲーム内通貨を、
現実のお金(円とかドルとか元とか)で売買することを言います。
オンラインゲームでは、プレイヤーを長期にわたって繋ぎとめておきたいがために、
かなりの低確率でしか入手できないというアイテムがよくあります。
そういったレアアイテムは非常に価値があり、
現実のお金を払ってでもほしいと思うプレイヤーが存在するのです。

当然ながら、多くのオンラインゲームではこのRMT行為を禁じており、
ドラゴンクエスト10でも、利用規約にRMT禁止の旨が記載されています。
ただし、このRMTは日本では取り締まる法律が存在しないため、
運営に隠れてRMTを行っているオンラインゲームユーザーは多いと言われています。
海外では、このRMTを組織的に行って大金を得ている業者も存在しており、その問題は根深いです。

ドラゴンクエスト10では、プレイヤー間でリアルマネーをやりとりする機能は存在しないため、
RMTを行うためには、ネットオークションなどを利用せざるを得ません。
当然ながら、ネットオークションなどで取引をされた場合は、
スクウェアエニックス側では取り締まることはできません。
できることと言えば、せいぜい違反者のアカウントを凍結するぐらいでしょう。



さて、ここまでの内容をまとめると以下のようになります。
・ダイス自体に金銭が発生する要素はない、ただの乱数発生装置
・ダイス機能は多くのMMORPGに実装されているもので、ドラゴンクエストだけを槍玉に挙げるのは意味不明
・ダイスで大金を手に入れることはほぼ不可能
・ドラゴンクエスト10ではRMTが禁止されている

一体この状況で、スクウェアエニックスに何の問題があるというのでしょうか?
事実、スクウェアエニックスも、この件に関しては問題ないとのコメントをしています。
http://www.square-enix.com/jp/company/j/news/2012/html/46ef086593dba412903bbcae8261cd65.html

にも関わらず、今回の日経の記事では、スクウェアエニックスとドラゴンクエスト10を名指しした上で、
"刑法の定める賭博罪が成立する要件を満たす危険な状態になっている"とまで言い切っているのです。
そして、この記事のせいでスクウェアエニックスの株価は急落しています。
(こんなバカな記事を真に受ける投資家が多いのには呆れますが…)
これはもうスクウェアエニックスは、新清士と日経新聞を提訴すべきではないでしょうか。

こちらの4gamer.netでも、今回の騒動に対しての批判記事が掲載されていますので、
是非とも一読しておくべきだと思います。
http://www.4gamer.net/games/139/G013991/20120830100/

筆者は以前から頓珍漢な記事を書く新清士が嫌いでしたが、今回の記事を見て心底大嫌いになりました。
ここまでメチャクチャな記事がまかり通るなんて、日経新聞はは本当にクズ中のクズですね。(今更ですが)

しかし、こんな記事が掲載されても、今日もドラゴンクエスト10のサーバーは絶賛大混雑中であります。
実際にゲームを楽しんでいるプレイヤーにとっては、こんなバカな批判記事など全く無意味ということですね。

スポンサーサイト


プロフィール

HDR

Author:HDR
筆者のwebサイトはコチラ
ゲーム業界.com
クイズコーナーも開設しています

FC2カウンター

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

にほんブログ村

にほんブログ村 ゲームブログ ゲームの世界観へ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。