ゲーム業界タブロイド
ゲーム業界についての様々な情報を掲載しています
06 | 2012/07 | 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3DS LLの初週販売台数は19万3441台

エンターブレインは、任天堂から2012年7月28日に発売された携帯型ゲーム機、ニンテンドー3DS LLの販売台数速報を発表した。ニンテンドー3DS LLの国内推定初週販売台数は19万3441台。集計期間は2012年7月28日~7月29日の2日間。

また、同日に発売されたニンテンドー3DS用ソフト『New スーパーマリオブラザーズ2』の推定初週販売本数は、43万185本となっている。(集計期間は2012年7月28日~7月29日の2日間)

http://www.famitsu.com/news/201207/31018961.html


上記の通り、3DSLLは初週193441台を売上げました。
ちなみに、前世代大画面機DSiLLは初週103524台でした。
発売時の普及台数が違うので単純な比較はどうかと思いますが、
3DSLLは非常に好調なスタートをきったと言えるのではないでしょうか。

驚くべきことに、今年度(2012年3月26日~7月22日)のVitaは192705台しか売れていません。
3DSLLの2日>Vitaの4ヶ月
というのはあまりにもひどいと思います。

Newスーパーマリオブラザーズ2の数字はどう判断すべきでしょうか。
DSのNewスーパーマリオブラザーズは初週865024本でしたから、単純に数字だけ見るとほぼ半減です。
しかし、Newスーパーマリオブラザーズ2は2日集計ということ、(Newスーパーマリオブラザーズは4日集計)
ハード普及台数が150万台程少ないこと、
ダウンロード版も販売していること、
等を加味すると、決して悪い数字ではないと考えられます。
まあマリオは何年も売れ続けるタイトルですから、初週の数字はあまり気にする必要はないでしょう。

それよりも鬼トレの販売本数はどうだったのでしょう?
エンターブレインが数字を発表していないところを見ると、大した売上げではないとは想像できますが。
おそらく、マリオよりもダウンロード版の比率が高いでしょうし、
ぶっちゃけマリオ以上に初週がどうでもいいタイトルですので、
いかに長期的に販売できるかが重要になってくるでしょう。
今後の推移に注目です。

スポンサーサイト


プロフィール

HDR

Author:HDR
筆者のwebサイトはコチラ
ゲーム業界.com
クイズコーナーも開設しています

FC2カウンター

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

にほんブログ村

にほんブログ村 ゲームブログ ゲームの世界観へ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。