ゲーム業界タブロイド
ゲーム業界についての様々な情報を掲載しています
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ドラゴンクエスト11 Direct 2017.6.21
任天堂は本日20:00より、ドラゴンクエスト11 過ぎ去りし時を求めて Direct 2017.6.21を配信しました。



内容は基本的にこれまでのおさらいという感じでしたが、
今回、これまで名前だけが明かされていた、時渡りの迷宮についての詳細が発表されました。
時渡りの迷宮は、3DSのすれちがい通信機能を使ったシステムで、
条件をクリアすることで、過去のドラクエシリーズの世界に行けるようになるとのことです。

動画では、ドラクエ1のガライの墓へワープするシーンがあり、懐かしさを感じました。
ファミコン版のドラクエ1は、キャラクターがずっと正面を向いており、カニ歩きで移動する姿が印象的でしたが、
流石に11でそれは再現されておらず、ちゃんとキャラクターは左右や後ろを向くようになっていました。

3DS版は、そもそものグラフィックが過去作を意識したスーパーファミコン風になっていますが、
実際に歴代シリーズの世界で遊べるのはワクワクします。
これはPS4版にはない、3DS版ならではの魅力でしょう。

なお、本日から既にドラクエ11のあらかじめダウンロードが開始されています。
あらかじめダウンロードとは、事前にソフトを予約購入して、データの大部分のダウンロードを済ませておくことで、
発売日になればすぐ遊べるようになるという仕組みです。
ドラクエシリーズと言えば発売延期が付き物ですが、
こうしてあらかじめダウンロードが出来るということは、延期はないと考えて良さそうです。

発売日の7月29日まで残り約1ヶ月、今から非常に楽しみです。

スポンサーサイト
DQ11 御三家座談会
昨日も記述した通り、筆者はあべのキューズモールで行われた、
ドラゴンクエスト11カウントダウンカーニバルに行ってきました。
このイベントで「THE FIRST BOOK of ドラゴンクエスト11」という、
ドラクエ11のキャラクターやシステムなどを紹介する冊子が配布されました。

dq11fb.png

この冊子の特筆すべき点は、歴代のドラクエシリーズの主要開発者である、ゲームデザインの堀井雄二氏、
キャラクターデザインの鳥山明氏、音楽のすぎやまこういち氏、の御三家によるスペシャル座談会が掲載されていることです。

意外なことに、3人の座談会は史上初らしいです。
基本的に鳥山氏は顔出しNGなので、これまでドラクエのイベントなどに参加する機会がほとんどなかったことが、
3人が揃わなかった大きな理由ではないでしょうか。
それだけに、今回の座談会(相変わらず鳥山氏のみ顔は写っていませんが)は非常に貴重だと感じます。

個人的に興味深かったのは、ドラクエ11は当初PS4版のみが開発されていたものの、
より多くの人にプレイしてもらうために、後に3DS版の発売が決まったという点です。
ドラクエシリーズは最も売れているハードで発売するのが通例だっただけに、
てっきり最初に3DS版が決まったものだと思っていました。

昨年末から、PS4は日本市場でもだいぶ売上げが伸びてきましたが、ドラクエを売るにはまだまだ物足りないです。
一方、海外ではPS4は好調に推移していますが、残念ながらドラクエは日本以外ではあまり人気がありません。
そういった意味では、最初にPS4が選択されたのは驚きです。
とはいえ、3DS版とPS4版はそれぞれに魅力があるので、結果的に二つのハードで発売されるのは良かった気がします。

なお、この冊子の内容はスマホアプリの「少年ジャンプ+」で近々無料配信されるようなので、
気になる方はチェックしてみると良いのではないでしょうか。

DQ11 カウントダウンカーニバル 感想
7月29日に、3DSとPS4で発売される、ドラゴンクエスト11。
本日5月27日(ドラクエ31周年)より、ドラクエ11の先行体験会、
「ドラゴンクエスト11カウントダウンカーニバル」が、全国5都市で順次開催されます。

その初日、大阪あべのキューズモールでのイベントに、筆者も行ってきました。
3DS版、PS4版共にプレイしてきたので、感想を述べてみます。
なお、体験時間はそれぞれ15分程度と短く、筆者がシステムや操作性を充分に理解しきれていなかった可能性もあります。
故に、以下の記述はあくまでも参考程度に捉えていただくようお願いします。

dq11.png

3DS版については、上画面の3D視点と、下画面の2D視点のリンク具合が面白いと感じました。
ファミコンやスーパーファミコン時代のドラクエは2Dのドット画で表現されていましたが、
これが3Dになったらどう見えるんだろう?とよく妄想していました。
それがドラクエ11で実際に体験出来たことは、非常に興味深かったです。

ただ、残念なことに3DSの裸眼立体視機能には対応していないので、
普通の3Dグラフィックにしか見えないのは物足りなかったです。
また、筆者は昔からのドラクエユーザーなので、3DS版のレトロなタッチに懐かしさを感じましたが、
比較的ドラクエ歴の浅い人にとっては、単に古臭いグラフィックとしか思われないかもしれません。

一方のPS4版は、とにかくグラフィックが綺麗でした。
これまで発表会などで配信された映像も見ていましたが、実物は一段と美しいという印象を受けました。
実際、体験会ではPS4版に興味のあるユーザーの方が圧倒的に多く、順番待ちの人数はPS4版の方が倍近かったです。

しかし、PS4版は戦闘アニメーションが長く、とにかくテンポが悪いと感じました。
PS4版の戦闘は、オートカメラとフリー移動の2つのバトルスタイルから選択出来るようになっています。
オートカメラは、ドラクエ8や9のように攻撃するキャラクターに自動で視点が切り替わるシステムで、
フリー移動はドラクエ10のように戦闘フィールドを自分で移動出来るタイプです。
このフリー移動のバトルが、特にテンポの悪さを助長している気がします。

ドラクエ10の戦闘は、敵と相撲することで狙われた仲間を守れたり、
距離をとることで範囲攻撃をかわせるなど、ポジショニングに重要な意味があります。
それに対し、11のフリー移動バトルは、単に移動&カメラ操作が出来るだけで、戦闘に何の影響も及ぼさないようです。
(オートカメラとフリー移動で難易度が変わると問題なので、これは当然の措置でしょう)

しかも、ドラクエ10は個別のターン制なので、仲間の状況に関わらず、
自身にターンが回ってくればいつでも攻撃が可能です。
それが11では、従来のようなパーティー全体でターンを回していく仕組みなので、
仲間や敵モンスターが全て行動を終えるまでは、自分が再度攻撃することは出来ません。

つまり「意味のない移動は出来るけど攻撃は出来ない」という時間がメチャクチャ長いのです。
おそらく、テンポ自体はドラクエ8や9とそれ程変わっていないのでしょうが、
中途半端に動ける分、体感でターンが回ってくるのがものすごく遅い印象を受けるのです。
特に、ドラクエ10の戦闘に慣れたユーザーはそれを強く感じると思います。

RPGは何百回も戦闘を繰り返すことになるので、そのテンポが悪いのは大きな問題です。
ドラクエモンスターズシリーズやリメイク8には、戦闘を倍速で進められるシステムが備わっていましたが、
たぶん11には実装されていないです。

このように、3DS版とPS4版のどちらにも魅力はあるものの、反面デメリットも気になりました。
体験会は今後も、福岡、名古屋、札幌、東京と開催されるので、
3DSとPS4のどちらにすべきか迷っている人は、一度プレイして比較するのが良いかもしれません。

3DS & PS4 ドラクエ限定モデル発売
7月29日に、ドラゴンクエストシリーズの最新作11が、3DSとPS4で発売されます。
それを記念して、両ハードのドラクエ限定モデルを発売することが発表されました。

3DS(New2DSLL)は、「はぐれメタルエディション」(ソフトセットで22480円)、
PS4は、「ロトエディション」(ソフトセットで39980円)で、それぞれ本体と同日に数量限定で発売されます。
https://www.nintendo.co.jp/corporate/release/2017/170428_2.html
http://www.jp.playstation.com/info/release/nr-20170428-ps4.html

※New2DSLLについては、昨日の記事をご覧下さい。
Newニンテンドー2DS 7月13日発売

黒と銀でシブい印象の3DS、ロトの紋章のデザインが際立つPS4、
どちらも非常に魅力的で、これはあっという間に売り切れる可能性が高そうです。

ただ、3DSの値段設定が良くわかりません。
現在のPS4は、1TBモデルが34980円、PS4版のドラクエ11が8980円なので、個別に買うと合計で43960円です。
故に、PS4の場合は39980円のロトエディションを買った方がずっとお得です。
一方、3DSの新モデルNew2DSLLは14980円、3DS版のドラクエ11は5980円で、合計20960円です。
つまり、22480円のはぐれメタルエディションを買うと、値段的には損をすることになります。
折角の限定モデルなのに、中途半端に値段が高くなっているのは残念でなりません。

何にせよ、これで3DS及びPS4市場が盛り上がるのは間違いありません。
ドラクエ11が、低迷の続く家庭用ゲーム市場の悪い流れを変えてくれることを期待したいです。

ドラクエ11 7月29日発売
本日4月11日、スクウェア・エニックスは、ドラゴンクエスト11の発売日発表会を行いました。
発売日は7月29日(土)で、価格は3DS版が5980円、PS4版が8980円とのことです。
http://www.dq11.jp/

残念ながらドラクエ30周年には間に合いませんでしたが、夏休み突入直後での発売は、中々良いタイミングだと思います。
何十時間もプレイすることになるRPGは、長期休暇との相性が抜群なので、これは売上げ的にもプラスに働きそうです。
まあ、ドラクエに延期は付き物ですから、本当に7月29日に発売されるのかは、まだまだ安心出来ないところですが…。

3DS版は、スーパーファミコン風の懐かしさを感じるドット画と、
ドラクエ9のようなデフォルメされた3Dグラフィックの二つのモードで遊べます。
一方のPS4版は、ハード性能を活かしたハイクオリティなグラフィックが特徴です。
どのタイプにも魅力があるため、どちらのハードを選ぶか悩んでいる人は多そうです。
一般的なマルチタイトル作品は、ユーザーは基本的にどれか1機種しか購入しないですが、
ドラクエ11については、両機種共買うというファンも大勢いるでしょう。
実際、スクエニの通販ショップe-STOREでは、両方が入ったダブルパックも販売されます。

ところで、Switch版についての情報はありませんでした。
ネタバレの影響も大きいRPGでは、後発ハード版の売上げは望めないですから、
あまり発売が先になるようだと、正直Switchで出す意味がわからなくなります。
ですから、Switch版は3DS版とPS4版の両方(3タイプ)で遊べるというお得な仕様になるのではないでしょうか(妄想)。

何にせよ、ドラクエの新作発売は、ゲーム市場が大きく盛り上がるチャンスです。
低迷の続く、家庭用ゲーム市場の流れを変える大ヒットとなることを期待したいです。

ドラクエ11 発売日の発表の発表
スクウェア・エニックスは、3DS、PS4、そしてSwitchで発売を予定している、
「ドラゴンクエスト11」の発売日の発表会を、4月11に行うことを告知しました。
その模様は、YouTubeLive及びニコニコ生放送で視聴可能です。
http://sep.jp.square-enix.com/info/20170411000376.html

発売日を発表したわけではなく、発売日を発表する日を発表したというのは、何ともじれったい話です。
制作発表会を大々的に行うのは理解出来ますが、発売日の発表をこんなに大げさにする必要はあるのでしょうか?
まあ、発表会は1時間半も予定されていますから、発売日発表以外にも、
色々とサプライズな情報があることを期待したいです。

ところで、ゲーム業界ではソフトの発売延期が付き物であり、特にドラクエは延期の確率が極めて高いことで有名です。
ナンバリングシリーズは、これまで10作が発売されていますが、
その中で一度も延期せずに発売されたのは、8と10の2作だけです。
しかも10はオンラインゲームなので、発売日時点では最低限出来上がっているところまでを提供して、
残りは後日のアップデートで補完する、ということも可能なわけです。
そう考えると、真に延期していない作品は8だけと言えるかもしれません。

ドラクエ11は、3DSとPS4(そしてSwitch)という性能が大きく違うハードで発売されるので、
実質的にはソフトを2つ開発しているようなものです。
それ故に、開発でバグなどが発生する可能性は、これまでよりも高くなることが予想されます。
この状況で、ドラクエ11は発売延期せずに済むでしょうか…。

何にせよ、開発スタッフにはとにかく頑張ってもらって、一日でも早くドラクエ11を楽しめるようになることを願っています。

DQ30周年記念 フレーム切手
スクウェア・エニックスは、ドラゴンクエストの生誕30周年を記念して、
~勇者編~と~モンスター編~の2種フレーム切手セットを発売すると発表しました。
http://www.dragonquest.jp/news/detail/2153/

ゲーム作品が切手になる事例は、海外ではそれなりにあるようですが、日本では比較的珍しいことです。
これも、ドラゴンクエストという作品が高い人気を誇っていることの表れではないでしょうか。
特に、勇者編の方は歴代作品のパッケージデザインと同じになっていて、
ファンにとってかなり魅力的な一品になっていると感じます。

しかし、切手が実用的に52円になっているのはどうなのでしょう。
このような記念切手を購入する人は、基本的にコレクション目的であって、使用することはまずないのですから、
30周年記念で30円の方が良かった気がします。

ところで、近年は携帯電話のメールで簡単に連絡が出来るようになったことで、
日常生活で切手を使う機会はほとんどなくなりました。
携帯電話の登場で存在が危ぶまれるようになってきたという意味では、
切手とコンシューマーゲーム市場は似ていると言えるかもしれません。

すぎやまこういち 最高齢ゲーム音楽作曲でギネス登録
スクウェア・エニックスは、ドラゴンクエストシリーズの作曲を担当しているすぎやまこういち氏が、
最高齢でゲーム音楽を作曲した作曲家(84歳292日)としてギネス世界記録に登録されたことを発表しました。
(正確には、先日行われた"第30回ファミリークラシックコンサート~ドラゴンクエストの世界~"で既に発表済みでしたが)
http://www.jp.square-enix.com/company/ja/news/2016/html/5ad377b1298df1b3a3374425bd4ec356.html

ゲーム業界でのギネス記録は、スーパーマリオブラザーズ(世界一売れたファミコンソフト:4024万本)や、
ドラゴンクエストIX(世界で最も多くすれちがい通信が行われたソフト:117577073人)、など色々ありますが、
クリエイター本人がギネス認定されるのは、極めて珍しい事例だと思います。
(作曲家であるすぎやま先生をゲームクリエイター扱いするのは失礼かもしれませんけど)

現在のすぎやま先生は85歳ですが、これだけ高齢になっても、
作曲やコンサートなどで精力的に活動されているのはすごいことです。
そもそも、すぎやま先生が初代ドラゴンクエストの作曲を担当した時は、既に54~55歳だったというのが驚きです。
コンピューターゲーム業界の歴史はまだ40年程度でしかなく、クリエイターは比較的若い世代が中心ですから、
このギネス記録はそう簡単に破られることはないでしょう。

すぎやま先生には、これからも末永く作曲活動を続けてもらって、
ドラゴンクエストシリーズを、そしてゲーム業界全体を盛り上げてほしいものです。

DQ30周年記念 ドラゴンクエスト名言集 しんでしまうとは なにごとだ!
ドラゴンクエストは、今年生誕30周年を迎えました。
それを記念して、歴代のドラゴンクエストの名言を集めた書籍、
"しんでしまうとは なにごとだ!"が発売(7月23日に)されました。



タイトルにもある「しんでしまうとは なにごとだ!」をはじめ、
「ゆうべは おたのしみでしたね」や「それを すてるなんて とんでもない!」など、
ドラゴンクエストファンならニヤリとしてしまう数々の名言が収録されています。

それぞれの名言には、シリーズの生みの親である堀井雄二氏の一言コメントも掲載されており、中々興味深いです。
例えば「へんじがない。 ただの しかばね のようだ」というメッセージは、「ただの したいのようだ」ではあっさりしすぎなので、
プレイヤーの呼びかけに対しての反応として「へんじがない」という言葉を加えたそうです。
そして「したい」では何かやりたいという意味に間違われるかもしれないので、「しかばね」という単語になったとのことです。

「ただの したいのようだ」と「へんじがない。 ただの しかばね のようだ」では、後者の方が圧倒的にインパクトが強いです。
このような細かな配慮が、何気ない言葉を印象に残る名言に昇華させているのでしょう。

一応、筆者もブログで文章を書いていますので、こうした言い回しの工夫は、今後の参考にしていきたいと思います。

DQ30周年記念 勇者すぎやんLV85
今年はドラゴンクエストの生誕30周年です。
それを記念して、30年間ドラゴンクエストシリーズの作曲をずっと担当してきた、すぎやまこういち氏の活動をまとめた書籍、
"すぎやまこういちワークス 勇者すぎやんLV85"が発売(一週間前に)されています。



この本は、すぎやま氏が生まれてからこれまでの年表、ドラゴンクエストの代表曲の手書き楽譜、
すぎやま氏自ら半生を語る一万字のTalk、などが掲載されていて、実に興味深い内容になっています。
中でも、任天堂の宮本茂氏&近藤浩治氏らとすぎやま氏の対談は必見です。
ファミコン時代からゲーム業界を盛り上げてきた彼らの言葉には、非常に説得力があります。
価格は3500円と結構高めですが、それだけの価値は充分ある一冊になっていると感じます。

ところで、タイトルにあるLV85とは、すぎやま氏の年齢が85歳という意味です。
つまり、初代ドラゴンクエストの作曲を行った時はもう55歳だったということです。
当時のすぎやま氏は、テレビやCMなどの楽曲をいくつも手掛けていた、日本を代表する作曲家でした。
そんなすぎやま氏が、よく55歳にもなってドラゴンクエストの音楽を担当してくれたものだと、今更ながら驚いています。

ドラゴンクエストが国民的な人気を獲得するようになったのは、
すぎやま氏が作曲した魅力的な音楽の数々が大きく貢献しているのは間違いありません。
すぎやま氏には、是非LV99になるまでゲーム業界で活躍し続けてほしいものです。



プロフィール

HDR

Author:HDR
筆者のwebサイトはコチラ
ゲーム業界.com
クイズコーナーも開設しています

FC2カウンター

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

にほんブログ村

にほんブログ村 ゲームブログ ゲームの世界観へ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR