ゲーム業界タブロイド
ゲーム業界についての様々な情報を掲載しています
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PSハードにおける ドラクエ・FFの存在感
7月29日にスクウェア・エニックスから発売された、ドラゴンクエスト11。
3DS版は発売初週から100万本以上を達成、PS4版も2週目で累計100万本を超えるという好調ぶりを見せています。
日本のPS4市場でミリオンタイトルが生まれたのは、ドラクエ11が初です。

PS4は、昨年末に小型軽量化&値下げされた新型が発売され、
またハイエンドモデルのPS4Proも投入されたことで、大きく普及が進みました。
しかし、ソフト売上げについては、今一つ盛り上がっているとは言い難いのが実情です。
以下で、歴代のPSハード(据え置き)の、ソフト売上げトップ5を一覧にしました。

※PS1のみメーカー発表の出荷本数、それ以外はメディアクリエイト集計の販売データを参照しています。
PS1
順位タイトルメーカー出荷本数
1ドラクエ7スクエニ414万本
2FF7スクエニ400万本
3FF8スクエニ364万本
4FF9スクエニ279万本
5グランツーリスモソニー255万本

PS2
順位タイトルメーカー販売本数
1ドラクエ8スクエニ331万本
2FF10スクエニ236万本
3FF12スクエニ225万本
4FF10-2スクエニ198万本
5ドラクエ5スクエニ168万本

PS3
順位タイトルメーカー販売本数
1FF13スクエニ191万本
2FF13-2スクエニ91万本
3バイオハザード6カプコン83万本
4ワンピース海賊無双バンナム82万本
5GTA5Rockstar73万本

PS4(2017年8月6日時点)
順位タイトルメーカー販売本数
1ドラクエ11スクエニ115万本
2FF15スクエニ99万本
3メタルギア5PPコナミ43万本
4KNACKソニー39万本
5Call of Duty BO3アクティビジョン36万本

こうして見ると、PSハードは次世代機に移行する度に、ソフト売上げが大きく落ち込んでいることがわかります。
全ての世代において、ランキングの上位はほぼスクエニが占めており、
特にPS2はトップ5の全てがドラクエかFFという歪な状況になっています。
つまり、PSハードはスクエニありきの市場と言えるでしょう。

PSハードで最大の売上げを誇るドラクエは、PS3では発売されませんでしたし、
PS4で発売されたドラクエ11は3DSとのマルチタイトルなので、売上げはPS1や2の頃よりも少ないです。
一方、スクエニのもう一つの看板タイトルであるFFシリーズは、7以降の売上げはずっと右肩下がりで、
最新作15はついに100万本を割り込むという体たらくです。
このように、ドラクエ・FFの影響力が希薄になってきたことが、近年のPS市場が縮小している大きな理由です。

なお、PS1&2では、スクエニ以外のサードパーティーのミリオンタイトルも多数ありましたが、PS3以降は0になりました。
PS4に至っては、50万本にすら届いていないという酷い有様です。
スクエニだけでなく、サードパーティー全体の売上が落ち込んでいることが、PSハードの衰退を招いているようです。
ハードはそこそこ普及してきているのに、一向にソフト売上げが増えないのは何故なのでしょうか…?

このような状況では、ハードメーカーであるソニーが市場を牽引すべく頑張るべきなのですが、
ソフト開発力に乏しいソニーではどうすることも出来ないのが実情です。
一応、PS4の4位にランクインしているKNACKはソニーのソフトですが、
この販売本数のほとんどは本体同梱版によるものであり、純粋な売上げとは言えないでしょう。
PS1時代のソニーは、グランツーリスモをはじめ、
みんなのゴルフやパラッパラッパーなどいくつもミリオンヒットがあったのですが、今ではもう見る影もありません。

ドラクエ11のヒットで、現在のPS4市場は盛り上がりを見せています。
今後この良い流れに乗れるソフトが生まれれば、PS4市場も更に活気付くと思いますが、それは中々難しそうです。

スポンサーサイト
ベルリンの壁より厚い? 4000台の壁
先日、任天堂がNew2DSLLを発売したことで、3DSシリーズの売上げはまた勢い付いてきました。
一方、ライバルのソニーはこれまでVitaに対して何のテコ入れも行っていないため、
売上げは低迷が続いており、3DSとの差は益々開いていくばかりです。

しかし、最近のVitaは低水準ながらも売上げが安定しているという印象が強いです。
以下の表は、ここ10週のVitaの週間販売台数の推移を表したものです(データはメディアクリエイトを参照)。

販売台数
5/8~5/144114台
5/15~5/214088台
5/22~5/284092台
5/29~6/44454台
6/5~6/114063台
6/12~6/184149台
6/19~6/254077台
6/26~7/24403台
7/3~7/94572台
7/10~7/164655台

Vitaは意地でも4000台は割らないようです。
最も売れた週と売れてない週の差がわずか10%程度とは、あまりにも増減が少なすぎて、普通ではあり得ないです。
これが2~3週間程度なら、そんなにおかしな推移とは感じませんが、流石に10週も続くのは不自然です。

まあ、以前にも何故かギリギリ1万台を割らない売上げが続いていたこともありましたし、
Vitaには謎の底力が秘められているようです。

PSVitaがスイーツに!? (なってません)
以前からコンビニで見かけて気になっていたスイーツを買ってきました。
その名もVita+です。

vita_.png

最初見た時は、PSVitaとコラボしたスイーツなのかと思いましたが、
実際には何の関係もなく、名前もヴィータではなく「ビタプラス」と読むようです。
中身はフルーツをシロップ漬けにした物で、味は中々良かったです。

Vita+の発売日を調べてみましたが、詳しい日付はよくわからなかったものの、
どうやら2013年頃っぽいので、PSVita(2011年末発売)よりも後に発売されていることになります。
実際のところ、PSVitaのVitaはラテン語で命や生活を意味する言葉であり、
Vita+はおそらくvitamin(ビタミン)が語源なので、別にPSVitaを意識して名付けたわけではないのかもしれません。
とはいえ、結果的にVitaという売れてないゲーム機と酷似した名前になるとは、何とも面白いです。

改めて、PSVitaは名前が良くないと感じます。
前世代機のPSP(プレイステーションポータブル)は、
プレステの携帯版というのが非常にわかりやすい、良い名称だったと思います。
一方のVitaは、上記の通りラテン語で命や生活の意味がありますが、こんな言葉を知っている人はまずいないです。
名前を聞いてもすぐにイメージ出来ない商品は、販売戦略上ではマイナスでしかありません。
海外ではPSPが売れなかったため、負のイメージが付かないようにPSP2という名称を避けたらしいですが、
これなら素直にPSP2の方が良かった気がします。

まあ、Vitaが売れていないのは有力ソフト(というかモンハン)の不足が最大の原因であって、
名前が多少違っていたところで、売上げに大きな差はなかったでしょうが…。

PS4Pro ホワイト 9月6日発売
ソニーは、PS4Proの新色、グレイシャー・ホワイトを9月6日に数量限定で発売すると発表しました。
価格は現在発売中のジェット・ブラックと同じ、4万4980円です。
http://www.jp.playstation.com/info/release/nr-20170711-ps4pro.html

PS4Proは、PS4よりもグラフィック性能などを向上させたハイエンドモデルで、
カラーバリエーションが発売されるのはこれが初です。
ホワイトは男女問わず好まれる色ですし、ゲームハードでは定番カラーなので、これはかなりの人気が出そうです。

とはいえ、PS4Proは昨年末に発売されて以降ずっと品薄で、入手困難な状況が続いています。
そんな中で、更に品薄を助長させるであろう新色を発売するのは、販売戦略として正しいのでしょうか。
PS4Proにせよ、任天堂のSwitchにせよ、最近のハードは充分な出荷が出来ずに品薄になっているのは大きな問題です。
新ハード(モデル)の発売は、家庭用ゲーム市場を盛り上げるチャンスなのですが、
その機会を活かせないようでは、市場が縮小するのも当然でしょう。

グレイシャー・ホワイトは数量限定なので、需要を満たすだけの供給がされるとは思えませんが、
出来る限り多くの出荷がされることを願います。

みんゴル スマホ版の配信スタート
本日、フォワードワークスは、スマホ向けタイトルの第一弾「みんゴル」を配信開始しました。
フォワードワークスはソニー(SIE)の子会社で、スマホゲームの専門開発会社として、昨年設立されました。
ソニーがスマホゲーム市場に本格参入するのはこれが初となります。
https://www.mingol.com/

昨年、任天堂がスマホゲーム市場に参入したことは大きな話題となりましたが、
それに続いて、同じくハードメーカーであるソニーもスマホにゲームを提供することになりました。
ハードメーカーが相次いでスマホゲームに進出するのも、時代の流れだなぁと感じます。

ただ、任天堂と違ってソニーは自社の有力ソフトに乏しいという弱点があります。
みんゴルはソニーのタイトルの中でも特に人気の高い作品なので、
スマホでも多くのユーザーを獲得出来るとは思いますが、今後のソフトには不安が残ります。

フォワードワークスは、どこでもいっしょ、パラッパラッパー、ぼくのなつやすみ、
などを順次展開していくことを発表していますが、はたしてどれだけの成功を収められるか、注目です。

アメリカのVita売上げ
先日、CESAゲーム白書2016を見る機会がありました。
世界中のゲーム市場のデータが色々掲載されているのですが、中でもアメリカのVita売上げの少なさが衝撃的でした。
そこで、2013~2015年までのアメリカのVita販売台数を表にまとめました。
比較対象として、アメリカの3DS売上げも併記しています。

201320142015
Vita(米)50万32万28万
3DS(米)381万257万240万
 
年間販売台数は年々下落しており、2015年はわずか28万台という散々な結果になっています。
週間販売台数で考えると、約5000台という有様です。
2017年現在、日本のVitaの週間販売台数は4000台程度なので、それよりは多少上回っていますが、
アメリカでは2年前の時点で同レベルに落ち込んでいたのですから、今では更に酷い売上げになっていると予想出来ます。

そもそも、アメリカの家庭用ゲーム市場規模は日本の3~4倍程度あることを踏まえると、
アメリカのVita売上げが危機的な状況であることがわかると思います。

一方、アメリカの3DSは日本と比べると勢いが不足しているものの、毎年Vitaの8倍程度の売上げを記録しています。
任天堂の決算発表によると、2016年のアメリカ3DSの売上げは前年を上回っているとのことです。

アメリカだけでなく、ヨーロッパや他の地域でもVitaが売れている国はなく、市場での存在感は皆無です。
日本でもVitaは大して売れていませんが、それでも世界的に見れば一番マシというのが実情です。
先日ロサンゼルスで行われた、世界最大のゲームイベントであるE3でも、Vitaに関する情報はさっぱりなく、
ソニー自身が既にVitaを諦めているという印象を受けました。

はたして、Vitaは新型発売のようなテコ入れもなく、このままフェードアウトしてしまうのでしょうか…?

PSVR体験会 全国100ヶ所以上で開催
ソニーは今月下旬より、全国の家電量販店やゲームショップなどで、PSVRの店頭体験会を開催することを発表しました。
対象店舗は、合計で100以上に上ります。
http://www.jp.playstation.com/psvr/features/event/

これまでも、PSVRの体験会は何度か開催されてきましたが、発売後も継続してアピールしているのは良いことです。
VRの魅力は実際に体験してみなければわからないですから、
継続的に、大勢の人に触れてもらえる機会を作ることは極めて重要です。

とはいえ、PSVRは昨年の10月13日に発売されてから、これまで8ヶ月間ずっと品薄状態が続いています。
体験会でPSVRに興味を持った人がいても、結局購入出来ないのであれば意味はありません。
PSVRの2016年度の国内販売数はわずか10万台程度で、需要に供給が全く追いついていないのが実情です。
確かに、PSVRをアピールするのは重要ですが、今は宣伝よりも生産体制を整えることを優先すべきではないでしょうか。

今後、PSVRの普及は進んでいくのか、ソニーの販売戦略が問われることになるでしょう。

E3 2017 ソニーカンファレンス
アメリカロサンゼルスで開催されている、世界最大のゲームイベントE3 2017。
今回は、ソニーのカンファレンスについて記述します。
https://www.jp.playstation.com/blog/detail/5103/20170609-e3-2017.html

日本のユーザーにとって、ソニーカンファレンス最大の目玉は、PS4タイトルのモンスターハンターワールドの発表でしょう。
近年のモンハンシリーズは3DSを中心に展開していたため、ソニーハードで発売されるのは7年ぶりとなります。
(発売日は2018年初頭予定)

モンハンは日本では高い人気を誇っていますが、海外での売上げは芳しくありません。
そのモンハンの新作が、日本ではなくアメリカで発表されたのは驚きました。
モンハンを海外でもヒットさせようとする、カプコンの本気ぶりが感じられます。
モンハンワールドにはナンバリングが付いていませんが、
これはモンハンをプレイしたことがない、海外ユーザーにも手にとってもらいやすくするための措置です。

モンハンワールドは、従来のシリーズから様々な改良が加えられているようです。
例えば、フィールドはエリア毎に区切られずにシームレスになっている点が特徴的です。
また、モンスターへの攻撃効果がわかりやすくなるように、与えたダメージが数値で表示されるとのことです。
筆者は初めてモンハンをプレイした際、攻撃が当たっているのかよくわからなかったので、
このダメージが明確になるのは良い変更だと思います。

ちなみに、モンハンワールドはソニーから大々的に発表されていますが、
日本以外の地域では、パソコンやXboxOne版も発売されるようです。
確かに、日本でXboOne版を発売しても売れる見込みはなさそうですが、
XboxOne版自体は開発されるにも関わらず、日本だけ除外されるというのが悲しすぎます。
まあ、マルチの対象外だったVitaの方が残念かもしれませんが…。

ソニー トイ・プラットフォームtoio発表
本日、ソニーは新感覚の玩具「toio」(トイオ)の発表を行いました。
toioは、子供の創意工夫によって、バトル、レース、アクションなどの様々な遊びが出来る全く新しい玩具です。
https://first-flight.sony.com/pj/toio/



つい先日、ソニーのおもちゃと題した謎のティザー映像が公開されましたが、今回その詳細が正式に発表となりました。
これを言葉で解説するのは難しいですが、以下の映像を見れば、そのユニークな内容の一端が理解出来ると思います。



本体価格が約2万円で、別途5000円程度のソフトも必要というのは、子供向け玩具として少々高額のように感じます。
とはいえ、これは大人が触っても楽しめそうなので、幅広い層にアピールすることで、売上げも期待出来るかもしれません。

toioは直接的にはゲーム業界とは関係ないものの、ゲーム開発において、こうした自由な発想力を持つことは重要です。
自社ソフトでハードを牽引する能力に乏しいソニーにとって、
toioを手掛けることで得られるものは大きいのではないでしょうか。

謎の玩具? ソニーのおもちゃ
ソニーのサービスプラットフォームFirst Flightにて「ソニーのおもちゃ」と題した謎のティザー映像が公開されています。
具体的な内容の発表は、6月1日に行われるようです。
https://first-flight.sony.com/pj/toio



二つのキューブに紙を貼り付けるとクネクネ動くという、何とも不思議な映像で、これは詳細が気になります。
おそらく、ゲーム事業とは直接関係ないプロジェクトだとは思いますが、
こうしたユニークなアイデアを持つことは、ゲーム開発にとっても重要でしょう。

近年のソニーは、自社ソフトでハードを牽引する力に乏しく、ソフト開発はサードパーティー任せきりです。
PS1の頃のソニーは、色々と挑戦的なソフトを生み出していただけに、PS2以降の他力本願っぷりは残念でなりません。

一方、同じハードメーカーである任天堂は、自社ソフトでハードを大きく牽引しているのが対照的です。
任天堂がソフト市場でも多くのヒット作を生み出せているのは、
ゲーム事業に携わる前から、ウルトラハンドやラブテスターなど玩具を開発して、
ユニークな発想力を培ってきたことが大きいと感じます。

ソニーがおもちゃを手掛けることによって、少しでもゲーム開発にプラスになれば、
PS市場はもっと盛り上がるのではないかと思います。



プロフィール

HDR

Author:HDR
筆者のwebサイトはコチラ
ゲーム業界.com
クイズコーナーも開設しています

FC2カウンター

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

にほんブログ村

にほんブログ村 ゲームブログ ゲームの世界観へ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。